↓おすすめレンタルサーバ。独自ドメインもとれてお得です!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)| --/--/--(--) --:--:--
振り袖に作り帯
このところ、アタシの身の回りには結婚式ブームがやって来ています。先日の友人の結婚式、自分で着付けて行くことにしました。自分で着ると、凝った帯結びができないからと思っていたのですが、よく考えると既婚者のアタシは訪問着で、そんなに目立つ必要ナシ。二重太鼓で十分。

都会の結婚式は着物の人いないのかなぁと思ってたら、今回は結構いました。親戚一同黒留袖!!というわけではありませんでしたが、友人が5~6人ほど、和装。二人は振袖、残りは訪問着でした。
みんなどんな帯結びをしているんだろう?と見ると、訪問着には全員二重太鼓。ちょっと安心。
振袖は、ふたりとも作り帯でした。そうか~、作り帯なら自分で豪華な帯結びが着れる!!次はそうしようかな???(面識の無い方々だったので、実際どうやって着たのかはきいてません。)
でもでも、ゆかた用の作り帯はもっているのですが、かさばるから収納場所に困るのよね~。
スポンサーサイト
きもの |コメント:2 |トラックバック:0 | 2006/03/21(火) 21:08:47
最近の着物ライフ
最近、普段着の着物に凝っています。
ポリエステルやウールの着物はうちでも洗えるし、比較的安く買うことが出来るから、いろんなデザインのを買い集めることができて嬉しいです。

特に用事が無くても着物を着て、近くのスーパーに買い物に行ってみたりもしています。もちろん晩ご飯の買い物に来るために着物を着たんじゃなくて、お出かけの帰りなのよ~みたいな顔をして。
今の季節は道行きを着れば、帯結びに気を使わなくてもいいし~。
きもの |コメント:0 |トラックバック:0 | 2006/02/25(土) 00:06:44
所変われば、結婚式も着物もかわる
先日、オットの妹の結婚式に出席しました。こじんまりとしたホテルでのとっても素敵な結婚式でした。ガーデンチャペルや、ホテルレストランウエディングはとっても可愛らしくて、彼女にぴったりでした。ドレスもむちゃくちゃ似合ってたし。やっぱり白くて細いのは羨ましい~。

それにしても、1ヶ月ほど前にあった田舎のいとこの結婚式と比べると大分違う~。いとこの結婚式は、親戚は皆黒留袖、妹は両母親のみ。いとこの友人は半分以上着物、妹友人はすべて洋服(新婦は友人に黒以外を着てほしいとリクエストしたらしいが、やっぱ黒が多い)。新婦は着物のみ4着とドレスのみ2着。

アタシは、どちらも良く似た感じの落ち着いた色の訪問着を着たのですけど、田舎では変わり文庫でも地味な感じでした。髪飾りも、えっ。成人式?ってくらい派手な人が多かったなか、アタシはパールの髪留めだったのでおとなしめ。

そのときの思い出があったので、やっぱり帯は変わり結びにしなきゃなぁ。二重太鼓なら自分でも着られるけど、こういうときはちゃんと着付けてもらおうと思い、ちょっと控えめにふくら雀をお願いした。帯留め帯締めは、悩んだあげく2種類持って行ったけど、いとこのときの総絞り帯揚げに丸ぐけ帯締めは着付けのお姉さんに却下されて、綸子の帯揚げに平の帯揚げになった。

と、地味めを心がけたにもかかわらず、今回は母親の黒留袖の他には、新郎側の親族にひとり着物の方がいらっしゃったけど年配の方の色無地だったので、ちょっと目立っちゃったかも。

はー。どちらが良いという話ではないけど、所変わればって感じでした。ちなみにアタシの結婚式の時は、親戚一同が黒留袖だったほかは、ほぼ妹と同じでした。アタシが知っている結婚式はこの三つのみ。だれか結婚しないかな~。
きもの |コメント:0 |トラックバック:0 | 2005/11/28(月) 07:27:46
紀宮さまの披露宴のお着物
少し遅くなりましたが、紀宮さまがご結婚披露宴の際にお召しになられていたお着物、綺麗でしたね。皇后様のお着物をお借りになったとか、「御所車貝桶文様」という大変おめでたい柄だということは、よく報道されていました。
ところでさてさて、あのお着物は「訪問着」ということでいいのでしょうか?振袖ではないことは確かだし、肩や袖にも柄があるので色留袖でもないし。報道ではそういう話を聞かなかった気がします。

訪問着だとすると、華やかな席では重ね襟をすることが多いと思うんですけど、されてなかったように思われます。(白系統で見落としてるのかもしれないけど)

帯結びは、かなり控えめなふくら雀のようでした。帯揚げはお着物と同系色の絞り。この辺は花嫁としての若さを少し出していらっしゃいます。

そうそう、末広もさしていらっしゃいましたね。黒留袖以外の末広ってあまり見かけないので新鮮でした。茶道をされている方にとっては普通なのかな?

ということで、今度結婚式に出るときには、訪問着にふくら雀を締めて帯揚げは絞りにして、末広をさしてみようかとおもったりしてます。
きもの |コメント:0 |トラックバック:0 | 2005/11/21(月) 02:51:27
アンティークきもののレンタル
昔のきものって、今のきものにはない大胆なデザインや色使いのものがあります。派手ってわけじゃ無いけど、センスがいいものがいっぱいで見るだけでも大好きです。

ただ、昔の人って身長が小さくて手足も短い方が多かったらしく、アタシも今の平均身長ぐらいだけど、サイズのあう着物を探すのがちょっと難しいです。まぁ、着丈は腰紐を低い位置で締めればなんとかなるし、普段着物なら袖丈がちょっと短いくらいは我慢すればなんとかって感じです。

昔きものについての本をいろいろ出されている遠藤瓔子さんのサイト「きものであそぼ」 には、昔きもの風の洗える着物と帯と下駄と草履なんかのコーディネイトもあります。見ているだけで幸せだし、コーディネート方法の参考になります~。

4,500円から、昔きもののレンタル(着付けつき)もあるので、京都で普段着感覚のアンティーク着物にチャレンジしてみるのもいいですね。
きもの |コメント:0 |トラックバック:1 | 2005/11/15(火) 22:11:19
無料着付け教室の販売について
アタシも無料着付け教室に通っていました。世の中にはいいものがあるんだなぁ。と思いますが、やっぱり無料には訳があるようです。ほとんどの着付け教室には、どこかで販売がついてくるようです。

「安くて良いものを買える!」という触れ込みですから、納得の上で気持ちよいお買い物されるのは、着付け教室側にキックバックもはいったりして、Win-Winの関係ですので、いい商売だと思います。

ただ、世の中は厳しいようです。教室や先生によっては、かなり強引なセールストークで押し売りしようとしたり、買わなかった生徒の扱いがあからさまに変わったりすることもあるようです。

無料着付け教室に興味を持たれた方は、不必要な物を薦められてもキッパリ断れる自信を用意してから、通うことをお薦めします。

もちろん、無料着付け教室の販売で、質の良い気に入った商品を安く手に入れることができるかもしれません。信頼できる呉服屋さんとのおつきあいがある人は少ないと思いますので、お買い物の場所として検討してみてもいいかも知れないですね。
きもの |コメント:0 |トラックバック:0 | 2005/11/06(日) 19:50:06
はじめてのきものの帯
はじめての着物を買うとき、帯はどうしたらいいでしょう?アタシは、自分で本を見て着る人は半幅帯、どこかに習いに行く人は名古屋帯、普段に着るのではなくて結婚式専用なら袋帯だと思います。
半幅帯は、ゆかたに締めるのと同じ帯です。本を見て独学で締めるのでも比較的簡単に締められます。もちろん手持ちのゆかたに締めることもできます。
名古屋帯は、普段着用の帯です。着付け教室なら、まず最初に締め方を習うのではないでしょうか?袋帯よりは簡単に締められると思います。
袋帯は、基本的に礼装用です。ただし、金銀が入っていないものは、ちょっとかしこまった普段着用です。結婚式などで使うのは金銀が入った豪華な袋帯になると思います。



結婚式用など、きちんとした着物をお探しの方にオススメ。

リサイクル着物 忠右衛門:着物の格安新品をはじめリサイクル品を販売 ポリエステルの洗える着物など、アンティーク風の安くて可愛い新品があります。

たんす屋 全国展開しているので、実際に見て決めたいひとはこちら。
きもの |コメント:0 |トラックバック:0 | 2005/10/27(木) 20:31:04
桐たんすを買いました。
インターネットで購入した桐たんすが届きました。
5段ほど引き出しがあるのですが、手元にあった着物3着と帯4つと細々いろいろを収納したら、結構いい感じに収まってしまいました。
と書くといいことみたいなんですけれど、いい感じに収まってしまって、母の嫁入り道具を持って帰って来てもあんまり収納するスペースがない!!ってことで困っています。あーどうしよう。おんなじタンスもう一つでも足りないよなぁ。実家の着物タンスごともってかえってやろうか?とあらぬことを考えております。
きもの |コメント:0 |トラックバック:0 | 2005/10/24(月) 22:38:41
着物の補正について
週末、着付けてもらっていて周りを見ながら再認識しました。やっぱり着物を着るのに向いている体型というのがあるようです。それは「寸胴」。やせていても、バストが大きくても、くびれるところがくびれていても着付けにくいみたいです。

着物用の補正下着もいろいろと売られていますが、タオルとちょっとした工夫でなんとかなります。
まず、ブラジャーはワイヤーの入ったものではなくて、スポーツブラを使ってください。これだけで随分違うと思います。次に薄いタオル(温泉タオル推奨)をV字型にしてブラの下に当てて挟んでください。
ウエストはタオルを巻いてひもで固定。

アタシもまだまだ上手く着られませんけど、普通の下着をつけて着るのとは大分違いますよ~。
きもの |コメント:2 |トラックバック:0 | 2005/10/20(木) 00:38:03
母の嫁入り道具を家捜しっ!
ひさびさに実家に帰ったので、母の嫁入り道具を家捜し。すると、でるわでるわ、着物の山。ほとんどがしつけさえとっていない新品♪赤い羽織が4つも発見されたのにはびっくり。ああ、もうアタシ、リサイクル着物やさんに行かなくていいわ~。半分くらいで疲れた~と宝探しを中断。次は車で来たときに、本格的に掘り返して持ち帰る予定。 桐たんすの用意しないとねぇ。

母は、身長が違うので着られないと思っていたみたいだけど、ぜ~んぜん大丈夫。10cmくらいの身長差なので、腰紐をちょっと低めの位置で結んだら大丈夫ぅ。ちょっとおはしょりが短くなるかもしれないけど、そのほうが足が長く見えていいらしいし。

いとこの結婚式に着たのも、母の嫁入り道具の訪問着と帯。おばあちゃんに、「いいきものやね~」と言われたので、「見覚えない?」と聞いてみたら、「高かったのよ~」母が言う。をいをい。母。
きもの |コメント:0 |トラックバック:0 | 2005/10/17(月) 00:34:37
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。