↓おすすめレンタルサーバ。独自ドメインもとれてお得です!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)| --/--/--(--) --:--:--
茶道で使うきもの
さぁ、茶道を習うぞ~!ということで、茶道で使うきものが欲しくなって来た。

練習のときも、できるだけ着ていきたい。汚れそうだから普段は洗えるきものがいいな。

お茶席とかの改まった席には、色無地か江戸小紋のひとつ紋入りがあると便利らしい。仕立て上がりポリの洗える着物にも、色無地や江戸小紋風のものがある。安いし、それもいいかと思うけど、ただ紋入れが問題。下手をすると着物よりも高くつきそうだ。リサイクル着物もそう。安く買えても紋入れが問題だ。

アタシの場合、母の着物に色無地も江戸小紋もあったけど紋が入っていない。これも紋入れの問題が発生する。これに紋を入れるとすると、どの紋を入れるのがいいのかなぁ。母の実家の紋か、アタシの実家の紋か、アタシの嫁ぎ先の紋か。これからアタシが自分で買うのなら、嫁ぎ先の紋にするけど、元々母の嫁入り道具にアタシの嫁ぎ先の紋を入れるのはちょっと気が引ける。元々紋が入っているのなら、どこの紋でもそれを着てしまえばよかったんだけどなぁ。誰もアタシの着ている着物の紋なんか気にしないだろうし。

アタシの好みのデザインは、アタシの嫁ぎ先、アタシの実家、母の実家の順かな。まぁどれでもいいんだけど。だから余計に悩むんだよね~。
スポンサーサイト
茶道 |コメント:2 |トラックバック:1 | 2005/11/11(金) 02:14:43
茶道を習うことにしました~
茶道、習うことにしました~♪お金のこととか先生に聞いたら、気持ちよく答えてくれたし、生徒さんたちもいい人ばっかりでした。
初めてのお稽古、何度もお客さんとして練習させてもらいました。お客さんでもどう動いたらいいのか、まだまだサッパリわかりません。足もしびれてくるし~。

そんな調子なのに、アタシにも先生はふくささばきと実際にお茶を点てるのを手取り足取り教えてくださいました。
うーん、みなさん淡々と点てていらっしゃるけど、複雑だ~。覚えられるかなぁ。


茶道具専門店 松風園まつの
 練習用の安価なお道具を発見しました!
茶道 |コメント:0 |トラックバック:0 | 2005/11/10(木) 02:23:45
茶道を習いたいけど...
日本人らしいことをひとつくらいできるようになりたい、着物を来る機会をつくりたい。と思って茶道教室を友達に紹介してもらいました。その友達の友達のお母さんが先生で、信頼できると思います。会ってみたときの感じも悪くなかったですしね。ただ、見学に行ったとき、まだ通うと決めたわけではないのに、ほかの生徒さんに「今度から通う人」って紹介されたのはちょっとビックリでした。

自宅からちょっと遠いのと、思ったよりもお金がかかりそうなのが心配です。
インターネットでいろいろ調べてみた結果、月謝以外にもいろいろとお金がかかるみたいですね。

・お免状をとるのにお金がかかる
・お免状をとるときに、お免状代とは別に先生にお礼(免状代と同額とか倍とか?)がかかる
・お茶会の参加料がかかる(参加しなくても払うべき?)
・お中元&お歳暮
・お稽古をお休みした月も月謝を払う(休むのはこちらの都合だから?)

紹介してくれた友人は、免状はとっていないし、お茶会にも出たことがないということですけれど、彼女は学生の時に通っていた&先生の娘の友達だということで、もしかしたら多少特別だったのかもしれません。

どこまで先生に直接聞いていいものやら悩みます。でも、聞いて嫌な顔されたらやめようかなって気もするしなぁ。あと、「要らないですよ」と言われたけれど、実際は必要だったりすることもあるでしょうねぇ。ほかの生徒さんに聞くのが一番でしょうけど、上手く聞き出せるかなぁ。ともかく、もう一度見学に行ってみようと思います。
茶道 |コメント:0 |トラックバック:0 | 2005/11/07(月) 03:12:18
茶道を初体験♪
友達に茶道の教室に連れて行ってもらいました。お恥ずかしながら茶道は初体験。久々に長時間正座してしびれましたが、やっぱり背筋が伸びて気持ちいいものですね。

最初は、きものを着て行くところがないから、どうにかしたいという、かなり邪道な動機だったんですけれど。日本の文化ってやっぱり素敵ですね。もっと知りたいと思いました。

お金がやっぱり結構かかりそうなのが心配ですけど、ちゃんとはじめてみようかなぁ。


茶道 |コメント:0 |トラックバック:0 | 2005/10/25(火) 22:27:22
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。